アラサー主婦、イギリスに暮らして早1年。

アラサー主婦、イギリスに暮らして早1年。

渡英してみて気づいた、イギリス英語、人、文化について書きます。時々雑談。

なぜチャリティーショップのボランティアを選んだか

 
こんにちは。
ボランティア記事の続きです!
 
 

なぜチャリティーショップのボランティアを選んだか

 

f:id:minabritish:20171019004523j:plain

 
1. 外国人でもOK、短時間でもOKという情報を聞きつけた
 
ボランティアやりたいな〜と思い始めたのはかれこれ半年以上前なのですが、英語が流暢ではない日本人の私に、果たしてどんなことが出来るのかわかりませんでした。
 
住んでいる地域のHPを読み漁ったりしてみたのですが、最初の一歩がなかなか踏み出せず。
 
そんな時に、日本人の友人の一人がチャリティーショップでボランティアを始めたと言うのです。
話を聞いてみると、週1で2時間、チャリティーショップのstock roomで仕分け作業をしたり、店頭に商品を陳列する手伝いをしているとのこと。
 
ボランティアやりたいと思い始めたものの、英語のレッスンや趣味の時間はきちんと確保したかった私は、外国人OK、週1でもOKという話を聞いて、これだ〜!と思ったのです。
 
 
 
2. イギリス人の友人に勧められた
 
友人、と言うのも恐れ多いのですが、教会で出会った60歳の英語の先生です。いつも本当に良くしてくれて、みんなのgreat teacherという感じの素敵な女性です^^
 
彼女と2人でお茶をする機会があった時に、実はチャリティーショップでボランティアを始めようかと考えている、という話をしたところ、とっても喜んでくれて、「このエリアには沢山のチャリティーショップがあって、どのお店も常にボランティアを募集しているからきっと歓迎されると思うわ!ショップの人達はどこのお店も皆親切だし、あなたにとってきっと良い経験になるわ。後で一緒に見に行ってみましょう!」と言ってくれました。
 
カフェを出て彼女についていくと、そのストリートだけで7軒ものチャリティーショップがあることがわかり、いくつかのお店で「Volunteer needed」という貼り紙がされていました。
 
彼女は、「雰囲気が気に入ったお店や、チャリティーの目的に賛同したいと思えたお店を選ぶといいと思うわ」と背中を押してくれました。
 
そして私も彼女に相談をした手前、行動に移さなければ!とお尻に火がついた、というのもあります(笑)
 
 
 
こうして、実際に申し込みをするに至ったのですが、ボランティアとして働き始めるためにはいくつか超えなければならないハードルがありました。
 
正直、引き返せることなら引き返したい、と思った瞬間が何度かありましたw
 
次回は、ボランティアとして登録して働き始めるまでのステップについてお話したいと思います。
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

日本の収穫感謝祭はいつなのか?

こんにちは。
 
ボランティアの話の続きを書きたいのですが、今日は別の話をしたいと思います。
皆さんは、日本の収穫感謝祭がいつかご存知ですか?
 
 

f:id:minabritish:20171020045804j:plain

 

今日は教会の集まりで、イギリスのHarvest festivalについて学びました。
キリスト教でいう収穫感謝祭にあたるもので、その年の収穫に感謝・お祝いするものです。
 
「日本でも同じように収穫感謝祭があるの?特別な祝日があるの?」と聞かれて、言葉に詰まってしまった私。
 
思いつくのは、9月のお月見と11月の勤労感謝の日くらい・・・でも収穫感謝に何か関係あるのかな?と、全く自信がありません。
 
 
ということで、無知な自分を恥じて、帰宅してすぐに調べてみました。
 
 

日本の収穫感謝祭はいつ?

 
新嘗祭
 
にいなめさい。
なるほど聞き覚えがありますね!
神道の宮中祭祀で、新嘗祭=日本の収穫祭 にあたります。
 
 
新嘗祭では誰が何をするのか?
 
天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ、神の分類の1つで、天津神=高天原の神、国津神=土着の神 のこと)に供え、また天皇自らもこれを食し、その年の収穫に感謝する。
皇居の中の神嘉殿にて執り行われます。
 
新嘗というのは、新しいご馳走という意味があるそうです。
 
 
いつ行われるのか?
 
11月23日。
 
あれ、それって勤労感謝の日?と思ったあなた、正解です。
 
 
11月23日は、以前は「新嘗祭」として国民の祝日とされており、農業国であった日本にとって、天皇と国民とが一体となってその年の収穫に感謝を捧げる大切な日でした。
 
が、第二次大戦後のGHQの政策(いわゆる日本弱体化政策)により、日本国民は天皇行事・国事行為から切り離されてしまいます。日本国民が天皇のもとに集結し、一致団結してしまうことを恐れたからですね。
 
そのため、日本の伝統行事であり天皇崇拝と結びつく新嘗祭は、「勤労感謝の日」と名前を変えられてしまったのです。(一説によると、アメリカの祝日である労働者の日(Labor Day)と感謝祭(Thanksgiving Day)を合わせてこの名前になったのだとか)
 
 
「国民の祝日に関する法律」によれば、勤労感謝の日は
 
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民をたがいに感謝しあう日」
 
と定められていますが、これは日本政府が後付けで考えた内容だそう。
 
 
  
「勤労感謝の日」という名前だけ聞くと、勤労に感謝をする日なのかと思ってしまいますが(勿論私もそう思っていました)、元々は11月23日は新嘗祭、つまり農作物の収穫に感謝をする日なのですね。
 
ちなみに、9月のお月見も、豊作祈願と収穫感謝のために始まった習慣だそうですよ^^
 
 
自分の国についてもっと知識を蓄えておかないといけないな、と感じるとともに、少しだけ賢くなった木曜日でした。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

チャリティーショップでボランティアを始めた話

こんにちは。
 
実は、最近チャリティーショップでボランティアを始めました。
何回かに分けて、内容を紹介させてください^^
 
 

何故ボランティアを始めようと思ったのか

 

 f:id:minabritish:20171018235358j:plain
 
 
これには色々と理由があります。
 
1. イギリスに来て「ボランティア」をとても身近に感じた

 

街の掲示板ではボランティア募集の貼り紙をよく見かけるし、私が通っている教会での英語レッスンやインターの集まりなどは、全てボランティアの方々が運営して成り立っているものです。
この2つの集まりではイギリス人のボランティアの方々に本当にお世話になっていて、英語の苦手な自分にも何かできるボランティアはないかな〜と思い始めました。
 
私が通っている英語レッスンについては、こちらに書いてあります。↓↓
 
2. イギリス生活で「これをやっていました」と言えるものが欲しかった
 
駐妻生活を送っていると、普段何してるの?と聞かれることがとても多いです。(世の駐在妻のみなさん、きっと共感してくれると思います・・笑)
 
英語のレッスン、旅行、料理、家事、習い事や読書など、自分なりに好きなことを見つけて充実した日々は送っているものの、何となく胸をはって「これ」とは言えなくてモヤモヤ。
これは完全に人それぞれの性格だと思うのですが、私の場合、何かやったという実感が欲しかったのです。
 
 
 
3. 英語の勉強になると思った

 

何かやりたいなぁと考え始めたときに、語学学校でみっちり英語を勉強することも考えました。が、お金と時間がかかります。
だったら、ボランティアで社会貢献をしながら、英会話を実践する方が経験としては良いんじゃないかなと思い始めました。
 
 
語り始めると長くなりそうですが笑、簡単に述べるとこんな感じです。
 
 
次に、なぜ私がチャリティーショップを選んだのか?についてお話したいと思いますが、これを考える前に、そもそもチャリティーショップってどのようなものなのか皆さんご存知でしょうか?
 
 

チャリティーショップとは?

 
慈善活動を行なっている団体が運営しているショップのことで、一般市民からの寄付品(所謂セカンドハンド品)を販売しています。売上げ金は、それぞれの団体が行なっている慈善活動のために使われます。
 
イギリスには沢山のチャリティーショップがあり、多くの人々が要らなくなった洋服や雑貨・おもちゃなどを寄付しています。
癌の研究を行なっている団体、ホームレスを救うための団体、貧しい子供達を支援する団体など、チャリティー活動の目的は様々です。そして、ショップスタッフはマネージャーを除いて全員ボランティア。つまり、人々の善意で成り立っているお店だと言えるのです。
 
 
さて、長くなりましたので、なぜ私がチャリティーショップを選んだか?については次の記事に書きたいと思います。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

シャワーが壊れて治らない話

こんにちは。

 

イギリスの家はいつもどこかしら壊れている、という話を聞いたことがあります。

 

そんなイギリスの洗礼を、今我が家は浴びています。

そう、シャワーが壊れてもう2ヶ月以上経ちますが、未だに治る目処が経っていません。。。(幸いもう一つシャワーがついているのでそちらでまかなっています)

 

f:id:minabritish:20171012231216j:plain

 

事の発端

ある日主人がキッチンの天井を見て、「ここにこんなのあったっけ?」と。

見てみると、ちょっとヒビが入っているのがわかります。(私は気づきませんでしたw)


しかも主人に言わせると、「なんかここだけ天井が下がってるきがする」とのこと。

おもむろに主人が椅子によじ登ってその部分を触ってみると・・・・ドバーーッと水が流れ出て来たのですToT

 

どうやら二階のシャワーの配管がおかしくなっているようだったので、すぐにhouse agentに連絡し、翌日plumber(配管工)さんに来てもらいました。


彼は裂けた天井をベリベリとひっぺ剥がし、2階のシャワーの壁もバキバキと剥がし、中の配管を調べてくれました。

(もうなんかこの時点でタダごとではないのだなと予期はしていたw)

 

 

その後の経緯

plumberさんによると、二階のシャワー近辺に繋がっている配管が古くなり水漏れしているとのことで、治すにはシャワー全体を取り替えてタイルを貼り直す必要があるため、かなり大掛かりな工事になるかもしれないとのこと。

 

house agentがlandlord(この家のオーナーのこと)に状況を伝えると、その後landlordが加入していた保険屋さんが2度ほど様子を見に来ました。

が、その後は何度状況を確認しても「申し訳ないが保険会社と確認中なんだ」という返事しかもらえていません。笑

 

保険でどれくらい賄えるか確認し、その後工事業者と最終的な価格すり合わせなどを行ってからじゃないと、工事に取りかかってもらえないようです。

 

そんなこんなで、シャワーの壁とキッチンの天井の一部は中身剥き出しのスゴイ状態です。一体いつまで待たされるのだろうと、もはや今後の展開にワクワクしてしまいますw

 

日本だとこんな事、まずあり得ないでしょうね。

イギリスの家は元々がとても古く、少しずつリフォームしたり修理したりして長く住み続けるという文化なので、家のどこかが調子が悪いというのは日常茶飯事のようです。


しかし、それにしても不便です・・!!(笑)

シャワーの取り換え工事でホテル生活を余儀なくされた、という話も聞いたことがあるので少し怖いですが、何か動きがあったらぜひまたブログで紹介させてくださいね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

英語スランプに陥らないために

こんにちは。みなみかんです。

またご無沙汰してしまいました!

 

実はここ2ヶ月くらい、英語スランプに陥っていました。

 

f:id:minabritish:20171012222959j:plain


なんかやる気が出ない、、家で勉強する気にならない。。。

私の場合、3ヶ月おきくらいにこの波がやってきます。イギリスに来てからすでに2、3回目ですw

 

そういう時は気のすむまで堕落した生活を送ることにしています。本を読んだり、ドラマを見たり、漫画を読んだり・・・

 

今回はひたすらYoutubeでコナンを観るという生活を送っていましたwおかげで最新の登場人物に至るまでかなり詳しくなりました。コナン好きの方、是非仲良くしてください(笑)
(地名がロンドンにちなんでいたり、ロンドンが舞台の回があったりして以前とは違った楽しみ方ができます!笑)

 


さて、だいぶスランプを脱出してやる気が上がって来たな〜と思っているのですが、果たして私にとって一体何がモチベーションupに繋がっているのか?と考えてみたところ・・・

 

 

「英語でフリートークをすること」という結論に至りました。

 

夏やクリスマスなどのホリデーシーズンになると、私が参加している教会でのグループレッスンは全てお休みになってしまいます。(子供達のスクール日程に合わせているため)

すると必然的に英語で誰かと話をする機会がガクンと減ってしまいます。

 

私の中では、レッスンは楽しいし大事なのですが、その前後に色んな人達とするフリートークの場も同じくらい大事です。きっと、自分で会話を作り出さなくてはいけない状況なので、会話が成立した時に達成感があるのだと思います。

 

こないだ覚えた表現を使ってみたり、お互いの国のことを紹介しあったり、お茶に誘ってみてもっと仲を深めたり。。。

話が弾めばもっと仲良くなりたいと思え、もっとがんばろうと思えます。

 

先週くらいからまたレッスンが再開し、色んな人と話してみてこのことを再認識しました。

なので、これからもうちょっと積極的に友達作りをしていこうと思います^ ^  声を掛けられて、嬉しくない人はきっと居ないはずですから!(といっても近々一時帰国するので、このやる気が途切れないようにしなくては、、笑)

  

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

渡英して初めてGP(病院)に行ってきました

こんにちは、みなみかんです。

 

前回の投稿からかなり時間が空いてしまいました^^;

夏休みを利用して出かけたり、家族が長期にわたって遊びにきたりしていてかなりバタバタしておりました。

 

f:id:minabritish:20170928031016j:plain

 

さて、今回は初めてGPに行った話です。

 

GPというのは、General Practitionerの略で、一般開業医のことです。

イギリスでは、地域のGPに登録をし、病院にかかりたい時はまずGPに診てもらい、さらに治療が必要な場合はそこから専門医を紹介してもらうというシステムになっています。

 

今回私がなぜGPに行くことになったかというと、子宮頚がん検診(Cervical Screeningと言います)を受けるためです。

 

実はかれこれ1年近く前に、NHS(National Health Servise)から、「25歳以上の女性は無料で検診が受けられるから予約してね〜」という内容の案内が届いていたのですが、日本で一度受けたし、電話で予約しなきゃだし何となく面倒で後回しにしていたのです。

 

そうしたら放置していたことがバレたのか笑、なぜかつい数週間前にGPから電話がかかって来て、「まだ受けてないけどいつにする?」と言われその場で予約をすることになったのでした。

 

朝9:30に予約だったので10分前くらいに到着して受付にいくと、少し待っててねと言われました。

 

ちょうど9:30くらいに女医さんが呼びに来てくれて、2分程度で問診、5分程度で処置をして終わり、とかなりスムーズでした^^

あの検診自体は快適なものではないですが、とても優しい先生かつ女医さんだったので良かったです。GPは待たされるという話を聞いていたのですが、予約制のところは待たされずに案内してもらえるんだなということもわかりました。

 

問診ではいくつかわからない単語が出て来たのですが、たまたま最近知った単語が出て来たので紹介しますね。

 

"Do you have period?"

 

この質問、どういう意味かわかりますか?

 

「生理中ですか?」という意味です。

知らなければきっと何度聞き返してもわからなかったことでしょう笑

 

GPに行く前には、その日聞かれそうな専門用語を予め調べておいた方が良いなと感じました。

 

私は渡英して1年以上して今回初めてGPに行きましたが、今回行ったことでオンライン予約ができるIDとパスワードを発行してもらえ、今年はインフルにかかっても気兼ねなくGPに行けるぞ!と気持ちが楽になりました^^

 

海外に住んでいると、慣れないところに行く時にはいつも無駄にドキドキしてしまいます。。

 

さて、イギリスの夏も終わり、英語のグループレッスンなども再開したのでまた英語の勉強も頑張りたいと思います!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

アメリカ英語とイギリス英語

こんにちは、みなみかんです。

 

日本は台風の季節到来、蒸し暑さが続いていそうですね。イギリスはすっかり夏の気配が去り、もう半袖では出かけられない気温になっています(涙)

が、7−8月は日本と同じでイギリスもホリデーシーズン!図書館やコミュニティーセンター、ショッピングモールなどではいつも以上に子供達の姿が見かけられ、長期休暇をとるパパ達も多い時期です。

 

というわけで、私もしばらくのんびり更新になってしまうと思いますが、ご了承くださいませ^^

 

 

f:id:minabritish:20170721170135j:plain

 

 

さて、今回は「アメリカ英語とイギリス英語」についてなのですが、まずは先日マンツーマンの先生から教わった一文を見ていただきましょう!
 
 
“ Have you got your haircut ? "(髪、切った?)
 
 
この文章、皆さんは違和感感じませんか?
 
私はノートに書き取りながら、むむ?と思って先生に聞いてみました。
 
“ Have you gotten your haircut ? “ が正しいんじゃないですか?
 
すると、
 
Ah~ it’s interesting ! “gotten” is American English !! 
 
と言われたのです。
 
 
私、”get” の活用は、get, got, gotten と記憶していたのですが、
イギリス英語では get, got, got になるそうです。
 
 
うーん、活用が違うなんて驚きました!
 
 

アメリカ英語とイギリス英語、何が違う?

 
 
私たち日本人は、学校で習う英語はアメリカ英語ですが、アメリカ英語の知識を持った上でイギリスに来てみると、あれ?と思うことがたまにあります。
 
例えば、私が気づいたのはこちら。
 
アメリカ英語 / イギリス英語
 
色: color / colour
中央: center / centre
劇場: theater / theatre
エレベーター: elevator / lift
列: line / que
お会計: check / bill
テイクアウト: take out  / take away
セーター: sweater / jumper
フライドポテト: french fries / chips
ポテトチップス: potato chips  / crisps
お手洗い: restroom  / toilet or lavatory
 
(表の作り方がわからず、見づらくて申し訳ないです><)
 
 
こうして見てみると、アメリカ英語の方で覚えているな〜と感じます。
 
お会計の時に、"Bill please."はよく使うのでぜひ覚えておいてくださいね!うちの旦那さんは渡英して来たばかりの頃に、意気揚々と"BIll please!" と言ったらビールが出て来たと言っていたので、発音には十分ご注意を(笑)
 
 
英語はイギリスが発祥の言語で、のちにアメリカに渡ったわけですが、このように異なる側面が見えてくるのも面白いですよね。(学習者としては非常にややこしいですが笑)
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
みなみかん

f:id:minabritish:20170719234508j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ